僕はばちばち進行形

「バチバチ」というスタイルの下、痛みの伝わるプロレス、想いの伝わるプロレス、感動の伝わるプロレスを目指す格闘探偵団バトラーツ所属のプロレスラー吉川祐太のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

澤宗紀と原学 エピソード1

二人の偉大な(←ここ重要です)先輩についてお話します!

お二人の性格の違いがわかるエピソードがあります…

2005年の11月、僕がデビューして二度目のバトラーツ桂スタジオ大会。

コンビニにスポーツドリンクを買いに行き、アップをしようと控室に戻って着替えると、

「さ、財布がない!」

コンビニで買物をしたので、ついさっきまであったのに(*_*)

とりあえず着替えてリングへ。

原さんに財布をなくしたことを話すと、

「カードとか入っていたの?他に貴重品は?もう一度コンビニまでの同じコース歩いてみなよ!」

と心配をしてくださりながらも、的確な指示と冷静な判断!!

時間がなかったので、そのままアップを開始。

そこに澤さんがいらっしゃったので同じように、財布をなくしたことを話すと、

「大丈夫!どっかにありますよ!!」

まったく何の根拠もないのに、すごい自信満々!

雪山やジャングルに探検に行くとしたら、このお二人がいれば間違いなく心強い!!

そんな偉大な先輩方です!

ちなみに僕の財布はコンビニの近くで落としていたようで、翌日、警察に届けられていました(^O^)
スポンサーサイト

その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<澤宗紀と原学 エピソード2 | HOME | 吉川、母校へ行く。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。