僕はばちばち進行形

「バチバチ」というスタイルの下、痛みの伝わるプロレス、想いの伝わるプロレス、感動の伝わるプロレスを目指す格闘探偵団バトラーツ所属のプロレスラー吉川祐太のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

澤宗紀と原学 エピソード2

はい、続きましてエピソード2 リング設営編!

ある日の興行のことです…

リング設営では最初に鉄骨を組んで、その上に木の板を敷き詰めて並べ、その隙間が均等になるように調節します。

僕が不慣れだったので、原さんが「こういう風に足でずらしながら隙間を同じくらいに調整するんだよ!」と覚えの悪い僕に時間をかけて教えてくださいました!

やっと上手くできたと思い、リング下にいた澤さんに「これくらいで大丈夫ですか?端の方の隙間が少し広いかもしれないのですが?」と聞いてみると、

澤さん「大丈夫ですよ!アジ〇ンプロレスの巡業に行ってたときなんか、板が一枚足りないのにやってましたから!」

吉川「そうですか…」

原さん、出来の悪い後輩で本当に苦労されたと思いますが、これからもよろしくお願いします!

澤さん、その素晴らしい感性、何があっても大丈夫と言える度胸、見習わせていただきます!

スポンサーサイト

その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<澤宗紀と原学 エピソード3 | HOME | 澤宗紀と原学 エピソード1>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。